忍者ブログ
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
主に特ア関連となります。
20  19  18  17  16  15  14 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

世界に良い影響を与えている国』調査は、カナダ・EU・フランスが上位でした


日米、韓国ではなくインドと組むのか




世界の人々は北朝鮮を、イスラエル、イラン、米国に次いで世界で4番目に否定的な影響を及ぼす国だと思っている、という世論調査結果が6日出た。

イギリスのBBC ワールドサービスラジオが最近、世界27ヵ国2万8千人を対象に、12ヵ国を提示して世界でもっとも肯定的/否定的な影響を及ぼしている国はどこだと思うかを調査した結果、否定的影響の順位で北朝鮮が4位となった。.

イスラエルの場合、回答者の56%が否定的影響を及ぼす国だとした一方、肯定的な影響を及ぼしているとの回答は17%に過ぎず、もっとも否定的影響を及ぼす国とされた。イスラエルと敵対関係にあるイランについては、「否定的」との意見が54%、「肯定的」との意見が18%で、2番目の否定的影響国に挙げられた。

また、冷戦終結以降唯一の超大国として「世界の警察」を自認している米国に対しては「否定的」という見解が51%で、「肯定的」(30%)との回答を大きく上回り、北朝鮮は「否定的」48%、「肯定的」19%という結果だった。

今度の調査を行なった米メリーランド大学のスチーブン・カル(Steven Kull)博士は、「世界の人たちは、軍事力を追求していることで知られる国々に対して否定的な印象を持つ傾向があるようだ」と分析した。

一方、もっとも肯定的な影響を及ぼしているとされた国では、カナダ(54%)、ヨーロッパ連合(53%)、フランス(50%)などが上位を占めた。

今度の調査の肯定的/否定的影響国の候補に韓国は含まれていない。
聨合ニュース



国際情勢に最も肯定的な影響を与えている国の1つは日本-。世界の多くの人々がこのような考えを持っていることが、英BBC放送が6日公表した国際世論調査の結果で明らかになった。
 調査は27カ国の2万8000人が対象。列挙された12カ国について「世界に与える影響が肯定的か否定的か」を問うたところ、肯定的という回答の割合が最も高かったのが日本とカナダで、それぞれ54%。これに欧州連合(EU)53%、フランス50%、英国45%などが続いた。
 日本については、25カ国で「肯定的影響」との意見が「否定的」を上回り、中でもインドネシアでは8割以上が日本を評価。ただ、中国と韓国では「否定的」とした人がいずれも約6割を占めた。
時事通信


( ´∀`)同列一位のカナダは取り上げて日本ははじくあたりがまさしくw


  • 日米、韓国ではなくインドと組むのか


米国と日本が軍事分野でインドと本格的に手を組むことになった。

5日、共同通信報道によると、インドは来月初め、日米とともに日本近郊の太平洋で初の3カ国共同海上訓練をする。訓練期間は1週間ということだ。

インド海軍は米国、ロシア、イギリス、フランス、シンガポール海軍と毎年共同軍事訓練をしており、2003年には中国とも共同海上訓練をした。来年5月には南アフリカ共和国、ブラジルと3カ国共同遠洋訓練が予定されているなど国外軍事交流に積極的だ。しかし、日米とともに中国を念頭に置いた軍事訓練を東アジア海上ですることは異例だ。インド海軍はレバノンやソマリアなどに国外派兵した経験が豊かな上、中国にもない空母1隻まで保有しているほど戦力は脅迫的だ。

◆中国牽制ためにインド引き入れ=濃い同盟関係を誇示して来た日米両国がインドを東アジア海域と呼んだのはこの地域から日増しに勢力を強めている中国を牽制するためだ。インドも国境を突き合わせた中国が負担であることから相互戦略的理解がかみあったわけだ。

問題は日米が東アジアで中国を牽制するのに韓国ではなく南アジア国家であるインドの力を借りることにしたという点だ。インドが中国と和解を追い求めながらも国境問題など山積みの問題があり、まだ気軽に手を組むことができない部分に日米が入り込んだのだ。日米にインドは新しい同盟というよりアジアで中国を牽制するために使う「戦略的均衡軸」となるわけだ。韓米同盟が揺らぐ中、日米同盟が新しいパートナーとしてインドを選択することで、韓国の立場はますますあいまいになった。

◆長い間インドに力を入れた結果=3カ国共同軍事訓練は米国防省の要請に日本とインドが同意することで成立する形式だ。しかし、米国と日本はインドを中国牽制カードとして引き入れるためにこれまで相当力を入れてきた。米国はインドを引き入れるために「核協力協定」という大きな贈り物を与えた。昨年3月、インドを訪問したブッシュ大統領は核開発をした国に渡さなかった核技術をインドに移転することにした。

安倍日本首相は マンモーハン・スィン・インド首相が昨年12月13日から4日間、東京を国賓訪問した際に戦略的協力という成果を得るため「経済協力」をプレゼントした。このため日本はインドに情報技術(IT)分野などに大規模投資を約束し、自由貿易協定(FTA)を軸にした経済連帯協定(EPA)を締結するための交渉を進行中だ。 安倍首相は 日本 、米国、オーストラリア、インドが参加する「アジア・太平洋4カ国戦略対話」も推進中だ。

◆東アジアに進出するインド海軍=インドの東アジア進出は中国に大きな圧力として作用する見通しだ。インド軍艦は2万8000トン級空母ヴィラート号、2003~2004年就役した3隻の4000トン規模タルワール級ミサイル護衛艦、そして1997~2001年就役した3隻の6500トン規模デリー級駆逐艦など脅迫的な全力を取り揃えているからだ。

ヴィラート号は6台のハリアー垂直離着陸戦闘機など28台の飛行機、ヘリを搭載して、タルワール級護衛艦は射程距離300キロの大艦ミサイルと290キロのブラモス超音速巡航ミサイルを積載することができることから中国に相当な圧迫を加えることができる。

3国共同作戦の詳しい内容は伝わっていないが、共同通信は日米消息筋を引用し、地震や地震の津波など大規模自然災害発生を想定したことで、海上保安作戦に焦点を合わせる見込みだと伝えた。日本海自は護送船と護送ヘリを訓練に派遣する予定だ。したがってこれに合わせようとすればインドもヘリを運営することができる最新軍艦を送る公算が大きい。

今回の訓練は経済成長による豊かな資金力と技術力を土台に大洋海軍に飛躍しようとしているインドの海軍力が東アジアで領域を広げるきっかけともなる見通しだ。


「お兄さん助けてと米国の足にすがりつくの嫌だ」と大統領が豪語しているのだから、むしろ歓迎することでは?


  • 【中国】ヒラリー議員「米国は人質に」米国債保有で日中批判


 米国の次期大統領選に出馬を表明しているヒラリー・クリントン上院議員(写真)はこのほど、ポールソン財務長官やバーナンキ連邦準備理事会(FRB)議長に書簡を送り、「中国などが米国国債を大量に保有していることが市場に波乱を起こす最大の要因となっている。このままでは米国は中国や日本の経済政策の人質になってしまう可能性がある」と警告した。6日付で上海証券報が伝えた。

 ヒラリー議員は米国のテレビ局の取材でも「外国の中央銀行や政府が米国国債を大量に保有していることは大きな問題だ。米国の行政当局は軽視してはならない」と述べた。

 これに対して上海証券報はポールソン長官が「外国政府が米国国債を保有していることは外国人投資家が米国経済を信頼していることの証拠だ」と反論したことを紹介し、「世界同時株安を受けて、ヒラリー議員が中国脅威論を広めた」と批判した。(編集担当:菅原大輔)


( ´∀`)日中批判というよりは中国批判では?

MSNBC

>多くの有権者はイラクが2008年の決定的問題であると考えているが、ヒラリーは中国に焦点を合わせている。

  • 日本漁夫によって絶滅された独島アシカ


グラフに登場する統計は、日本の人々が捕えて連れ行った独島アシカ(日本名-ニホンアシカ)の数字を示している。独島にはアシカが休むのに良い岩が多く、暖流と寒流が入りまじって、えさが豊かでアシカたちの天国だった。(中略)

中井養三郎を含む日本の漁夫たちは一年に多くは3200匹から始めて、アシカを捕って、結局独島アシカを絶滅させてしまった。この統計が見せてくれるように、一年に3200匹から3000匹位を取ったが、こんなに一方的に取ると1910年頃には2000匹に減り、1910年代中盤には一年300余匹に減っており、1930年を越えると一年何十匹もの水準に落ちて1940年代は何匹位に過ぎなくなる。それさえも1940年代初盤にはアシカは絶滅状態になってしまった。

これらの統計数字は、日本官庁に登録されたとか報告された数字に過ぎない。公式で取った数字より非公式で取った数字がもっと多いだろうと見れば、独島アシカが日帝の残酷な狩猟にどれほど苦しく死んだのか胸が痛む。

このように死んだアシカたちは、まず高い皮製品に作られて日本好事家たちの贅沢品として売られて行った。今も日本にはアシカの剥製品が保存され、苦しかったアシカの哀歓を証言している。

写真は、日本の漁夫たちが網でアシカを捕る場面だ。ここの写真に見えるアシカは小さなメスや子供だろう。(中略)もはや独島アシカは絶滅して二度とその姿を見られない。
世界で一番大きくて、一番賢かった独島のアシカをどこでまた見ようか。本当に切ない事だ。


( ´∀`)とどめを刺したのは誰だっけ?


環境府の鮮于榮俊(ソヌ・ヨンジュン)首都圏大気環境庁長は、『独島の領有権原に対する研究』という題名の博士学位論文で、日本の島根県竹島調査団が1907年に作成した『竹島及び鬱陵島』を公開した。
この本には、1904年と1905年に韓国人達が独島であしかを捕獲して、毎年毛皮800貫(3000kg)ずつを日本に輸出した記録が残っていると鮮于庁長は明らかにした。
これは日本がこれまで1905年に独島を島根県に編入するまで、韓国が歴史上一度も独島を実効的に支配した事が無く、独島の存在も知らずにあしかの存在は勿論、捕獲する事も出来なかった」と主張していた事を正面から否定するものである。



  • 「南京大虐殺はなかった」=自民県議が発言、審議中断-熊本


 開会中の熊本県議会の本会議で6日、八浪知行県議(自民)が「南京大虐殺とか従軍慰安婦はなかった」「中国人はうそつき」などと一般質問の中で発言し、審議が一時中断する場面があった。
 同議員は教科書問題について言及しながら「(南京大虐殺を)絶対にやっていないことは分かっている。南京大虐殺とか従軍慰安婦とかうそをつく教科書は許せない」などと述べ、潮谷義子知事に見解を求めた。潮谷知事は「知事という立場で公式の場でこの問題についてお答えすることは控えるべきだと思う」と答弁した。


大虐殺をなんと定義つけるかに左右されますが、LSCスマイルス博士の調査によると大体6000名の死者行方不明者がでたわけですが(国民党の国連報告では2万名か)、中国が言っている犠牲者40万とかは確かに嘘ですね




  • なぜフランス人・ヨーロッパ人・全世界の人々は日本と日本文化を愛するのか?


( ´∀`)なんか仮装大賞みたいなのが混ざってたけど
PR
COMMENT
NAME
URL
MAIL
TITLE
COMMENT
PASS
TRA
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
"No Name Ninja" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.